ハクビシン駆除やシロアリ駆除はプロにお任せ|住宅ガーディアン

作業員

ハクビシン駆除の流れ

散布機

ハクビシンは日本でも代表的な害獣として数えられる動物の1種です。
特徴としては、動物の中でも運動能力が非常に高く木に登るのが得意や垂直な壁でものぼることが出来るというということから、住宅の屋根裏の方に住み着いてしまう場合もあります。
雑食性で、虫や野菜、小動物や鳥類などを食べますが、甘い果物を好んで食べる傾向にあるので、住宅に侵入して果物を漁って食べる場合や農家への被害が報告されています。
食害被害の他にも家のなかがハクビシンの獣臭で臭ってしまう場合や、夜行性のため夜の物音などがあります。
また、ハクビシンの場合はノミやダニを付着させたまま住宅に侵入してくるので、住宅のノミやダニの被害もかなり深刻な被害に発展する可能性があるのです。
見た目が可愛らしいことから、比較的多くの方がなかなかハクビシン駆除を決心できないという事がありますが、殺傷するだけが駆除ではないので、殺傷しない様なハクビシン駆除を行なってくれるような業者を利用すると良いでしょう。

ハクビシン駆除の際に行なわれる手順としては、事前に住宅のどの辺に住み着いているかを確認して追い出すという作業をします。
追い出せなかった場合は捕獲して巣や糞を丁寧に片付ける作業を行なうのです。
捕獲する際には罠を仕掛けたり手取りなどのように手や網で捕獲したりします。ハクビシンが住み着いていた部分をキレイにしたら殺菌、消毒を行なった後で、ハクビシンが侵入してきた侵入口をキレイに塞いでハクビシン駆除は完了です。
業者に依頼すれば迅速で確実にハクビシン駆除を行なってくれるので、忙しい場合や駆除に不安が残る場合がある場合は信頼出来る業者に依頼しましょう。