ハクビシン駆除やシロアリ駆除はプロにお任せ|住宅ガーディアン

作業員

被害と駆除方法

ハクビシンによる被害

散布機

本来は山に生息しているはずの動物が、人間が住む住宅に住み着いて被害を及ぼし問題となっています。姿形がタヌキに似ているハクビシンも民家の天井裏に住み着き被害を与えることがあります。ハクビシン(白鼻芯)は名前の由来通りに鼻筋に白い線が入っているネコ科の動物です。身体の大きさは約100cmで、気性は激しいおいわれています。果実を特に好んで食べますが、昆虫や野菜等も食べる雑食性の動物です。ハクビシンは住み着いた場所の同じ所に糞や尿をするため、溜まった糞や尿から悪臭がします。糞や尿にノミやダニが発生して、人間にも被害が及ぶことがあります。溜まった糞や尿が染み出して木材が腐る場合があります。ハクビシンが天井裏を走り回るので騒音になります。

侵入を防止する対策が必要

ハクビシンの存在に気が付いたら直ぐに駆除の対策をとる必要があります。害獣駆除用のくん煙剤や忌避剤でハクビシンを追い出すようにします。この他に捕獲用のわなを使用して捕まえる方法があります。その際にはハクビシンの捕獲を自治体に申請して許可をもらう必要があります。ハクビシンは鳥獣保護法で守られているので、勝手に捕獲して処分することは禁止されているからです。ハクビシンが再度侵入して来ない対策として、侵入口を全て塞ぐことが重要です。侵入口になりそうな場所にフェンスや電気柵を設置し、地面にネットを張っておく等の対策方法もあります。家屋の周囲にエサとなる食べ物を放置しないことも大切です。日頃からハクビシンによる被害にあわないように侵入口となる隙間がないか点検し、慌てないように対策をとっておきましょう。